黒い宿便がプチ断食3日目に大量に出るのはデトックス効果の証拠!

スポンサーリンク

ここではプチ断食3日目の「黒い宿便」についてお話します。

 

ふつう、プチ断食などせずに私たちがトイレで出てくる便の色とは
「茶褐色」であることが、一般的に知られています。

 

ところが、この週末プチ断食を3日間ほど行なうと
「黒い宿便」が大量に出てくることが多いのです。

 

「ファスティング上級者」で、
プチ断食を何回も経験している方であれば
「当たり前のこと」としてとらえられますが、
「プチ断食初心者」の方はビックリしてしまうでしょう。

 

それでは、なぜプチ断食3日目に
「黒い宿便」が出て来るのでしょうか?

 

その理由と色が黒い訳をお話します。

 

そもそもなぜ断食しているのに便が出るのか?
プチ断食3日間中、口にして良いのは
「酵素ドリンク」と「ミネラルウォーター」と
「ハーブティー」などの液体だけです。

 

つまり、お腹の中で消化する必要がある
「固形物」は、一切口にしません。

 

ところが、人間の体というのは不思議なもので
「飢餓感」を脳が感じると、返って胃腸の働きが
活発になってしまうのです。

スポンサーリンク

ふだんでもお腹が空くと胃腸の働きが
活発になって「ギュルギュル、グー」と
音がするのは、このためなのです。

 

また、私たちがふつうに食事をしている時に
出てくる便とは、必ず古い順番で順序良く
出てくる訳ではありません。

 

大腸の入り口付近では逆に、小腸へと便を
押し返そうとする作用も働いているのです。

 

ですから、たった3日間に「プチ断食」の後に
この長年溜まった、大腸や小腸の古い便が
一気に大量に出てくるのです。

 

便の色が黒いのはなぜ?
この「大量に溜まった古い便」のことを
私たちは「宿便」と呼んでいます。

 

では、その色がなぜ真っ黒なのか?

 

という疑問にお答えすると、理由はカンタンなのです。
つまり、長年大腸や小腸の中に溜まっていた
古い便ですので、それだけ「酸化」が進んでいるからなのです。

 

分かって頂けましたでしょうか?

 

★「黒い宿便」はプチ断食でデトックス効果が進んだ証拠なので
ビックリしないで、喜んであげましょうね!

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加