断食後の朝食は玄米粥が一番良い!ウォーキング後の野菜ジュースと

スポンサーリンク

復食期の朝食メニューは玄米粥がおすすめ!
ちなみに、原則、朝4:00から12:00までは、体のデトックスタイムです。
あなたはしっかりと朝食を摂っていますか?

 

「朝ご飯はしっかり食べないと仕事や勉強も、
はかどらない」というのが、一般的な常識です。
けれども起床直後の朝食は、胃腸などの消化器官に負担を掛けてしまいます。

 

しかし一方では、朝、脳はブドウ糖を要求するので、
朝食を食べないと目覚めが悪いのも事実です。

 

この矛盾する2つの回答に人類はどうやって対応してきたのでしょうか?
まず英語で朝食とは、breakfast(ブレックファスト)と呼びますが、
これは「断食を破る」という意味です。

 

断食後の食物の消化には、膨大なエネルギーを使うことを示唆しています。
また4000年の歴史を持つ中国では、朝食に朝粥を食べる習慣があります。
起床時に消化の良い食べ物を選ぶ、先人の知恵が生きています。

 

では私たち日本人は何を食べるべきなのでしょうか?
マーガリンたっぷりのトーストとスクランブルエッグに、コーヒー、で良いのでしょうか?

スポンサーリンク

まずマーガリンですがトランス脂肪酸の塊です。
「食べてはいけない油」の代表格です。
また、鶏卵にはタンパク質が多く含まれています。

 

タンパク質分解酵素である「プロテアーゼ」は、日本人には大量生産出来ません
依存症になってしまう、カフェインが多いコーヒーなどは論外です。

 

特に断食後の回復食にとって理想的な朝食とは、起床後1時間程度のウォーキングをして、
消化に良い玄米粥や、フレッシュ生ジュースを飲むことです。
ちなみに食品は「加工すればする程、消化に余分なエネルギーがかかる」
という特性を持っています。

 

ですから生で食べるのが消化には一番良いのです。
また、生の野菜や果物はそれ自体に酵素が含まれているので、
消化・吸収がスムーズに進む訳です。
★復食中は爽やかな朝食で一日の良いスタートを切りましょう!

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加