プチ断食中はウォーキングが一番手っ取り早い軽い運動になる!

スポンサーリンク

プチ断食中の軽い運動はウォーキングが一番!
ちなみに、日本人成人男性の平均一日6000歩では、
一日の消費カロリーに足りません。

 

あなたは日頃から運動不足だと思っていませんか?
だったら一番手っ取り早いのがウォーキングです。
これはプチ断食中でも同じ事が言えます。
断食で筋肉を落とさないためにも適度な軽い運動は必須です。

 

またよく「一日一万歩が健康に良い」とされていますが、
これには科学的な根拠があります。

 

現代日本人成人男性の、一日の摂取カロリーは
平均で約2200キロカロリーです。
また、消費カロリーは平均で約1900キロカロリーです。

 

約300キロカロリーの小さな差ですが、
これが一ヶ月続くと約1キロ太る計算になります。

 

この余剰エネルギーである約300キロカロリーを、
消費するためには時間にして約90分、
一日一万歩を歩けば、解消されるというわけです。

スポンサーリンク

ただし、実際に万歩計を付けて、生活すると分かるのですが
一日一万歩は、意識して歩かないと届かない数字です。
けれどもちょっとしたコツがあります。

 

それは、万歩計を買って、毎日寝る前まで、
朝から一日中、身に着けることです。
これだけでも「歩こう」という意識が全く変わってきます。
また、一日一万歩を歩いた達成感はうれしいものです。

 

ちなみに「万歩計」とは、山佐時計計器株式会社の
登録商標で、これ以外のものは一般に「歩数計」と呼ばれています。
万歩計の会社では一日一万歩より、
休日ウォーキングを利用した「1週間で7万歩」を、提唱されています。

 

また歩き方ですが小股でチョコチョコ歩いても、大きな運動効果は期待出来ません。
なるべく大股で早足で、歩くことを心掛けましょう。
★本気で歩くと、冬でも汗をかきますよ...(^ ^;)

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加