魚の油は太る訳では無く積極的に摂るべき油のオメガ3に分類される

スポンサーリンク

Q:魚の油でも太るの?
A:積極的に取って良い油は「オメガ3」のフラックスオイルだけです!

 

油って脂肪に直結しているので、痩せたい人は
なるべく摂らない方が良い、なんて思っていませんか?
けれども、太っていても積極的に摂るべき油もあるのです!

 

人間の細胞は約60兆個ありますが、
それを仕切る細胞膜は脂質で形成されています。
また細胞膜は栄養素を取り込み、老廃物を排泄するといった、
生命の根源的役割を果たしています。

 

もちろん、脳細胞も例外ではありません。
特に脳の60%は脂質で形成されており、脂質の元となる
“油”がいかに重要な食品か、お分かりかと思います。
「うちは特保のリノール酸ベニバナ油だから大丈夫」なんて言っているあなた、
リノール酸は摂り過ぎると脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まるのですよ!

 

なぜならリノール酸は体内で、アラキドン酸という物質に変化します。
そしてアラキドン酸には血液凝固作用があり、血栓が作られやすくなるからです。

 

「じゃあ、どんな油が健康に良いのか?」という事になると思いますので、
以下に脂肪の種類と、摂るべき油をまとめてみました。

スポンサーリンク

脂肪1:飽和脂肪酸−動物性脂(肉、バター、乳製品など)−※なるべく減らす。
一部植物性脂(ココナッツ油、ヤシ油など)−※なるべく減らす。

 

2:不飽和脂肪酸−多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)
オメガ3(フラックスオイル-亜麻仁油、シソ油、青魚の油)−※積極的に摂る。
多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)
オメガ6(ベニバナ油、コーン油、大豆油など)−※なるべく減らす。
一価不飽和脂肪酸オメガ9(オリーブ油、キャノーラ油など)−※加熱調理で適量を摂る。

 

3:トランス脂肪(植物性油原料の人工油)
(マーガリン、ショートニングなど)−※食べない。

 

・・・と、こういう結果になります。
ちなみに出典は「山田式ファスティング」の山田豊文氏の
著書「脳がよみがえる断食力」からです。

 

★フラックスオイル-亜麻仁油は毎日大さじ2杯飲むと健康に良いです!^^

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加