牛乳は身長に逆効果は本当だった!日本人にはラクターゼが作れない

スポンサーリンク

Q:牛乳を毎日飲むと「カルシウム」が豊富なので、身長が伸びるというのは本当?
A:乳糖分解酵素ラクターゼを持つ成人は北欧人なので、効果は期待出来ません。

 

牛乳には「カルシウム」が多く含まれ、骨に良いので積極的に飲みましょう、
というのが一般定説になっています。

 

けれども「山田式ファスティング」の山田 豊文氏は、
その著書の中で驚くべき真実を語られています。

 

まず、牛乳に含まれるカルシウムを吸収するためには、
乳糖を分解する酵素「ラクターゼ」が必要です。
しかし日本人の場合、「ラクターゼ」が作られるのは乳児だけです。

 

1歳前後の離乳期からこの酵素は減り始め、
成人まで作れる日本人はごくわずかなのです。
なるほど、これで私も牛乳を飲むと下痢になる訳が分かりました。

 

成人になるまで「ラクターゼ」を作れるのは北欧人に限られます。
また、牛乳には多くの「タンパク質」が含まれます。

 

肉と同じように「タンパク質」を多く摂ると血液は酸性になります。
すると身体は、骨に含まれるカルシウムを溶かして中和しようと働きます。

スポンサーリンク

これを「脱灰(だっかい)」と呼び、骨を弱めてしまいます。
また牛乳には「マグネシウム」が、「カルシウム」の1/10しか含まれていません。
「マグネシウム」は「カルシウム」を働かせる大切なミネラルです。

 

「マグネシウム」が不足すると、体のミネラルバランスが崩れ、
様々な病気の原因となります。
では私たちが「カルシウム」を正しく摂る方法はあるのでしょうか?

 

答えは、海藻、豆類、野菜から摂ることです。

 

これらの食物には「カルシウム」と「マグネシウム」が、
バランス良く含まれているので、効率的に摂取出来るのです。
ここにも「まごわやさしい」食材の知恵が生きています。

 

★牛乳が「栄養豊富な食品」であることは間違い無いですけどね。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加