ファスティングの失敗例!空腹は準備期間リバウンドはまごわやさしい

スポンサーリンク

ファスティングの失敗例と解決策は?
ファスティングは準備期から計画を立てて行います。

 

ファスティングでよく「自分に合っていないから
失敗した」と言う人がいますがそれは間違いです。
それではファスティングの失敗例と、解決策をお話しましょう。

 

失敗例:その1断食初日にお腹が空いて食べてしまった。
信じられないかもしれませんが、ファスティング
初心者の90%が断食初日の空腹に堪えられません。

 

これは準備期間をしっかり取らないことが一番の原因です!
週末プチ断食を決心して、酵素ドリンクを購入して、
いきなり断食するのでこうなるのです。

 

酵素ドリンクの宣伝では「お腹が空かない」と書いてありますが、
液体しか飲まない1日でお腹が空かない訳がありません!
小学生でも分かることです。

 

解決策としてはまず準備期・断食期・復食期と、
ファスティングは計画的に行なうものであることを良く理解して下さい。

 

そして準備期間は最低3日以上取って
「まごわやさしい」食材で、食べる量を減らす事です。
それでも、お腹は空きますので覚悟して下さい!

スポンサーリンク

失敗例:その2短期集中ダイエット出来たけれどリバウンドした。
これはファスティングを単なる「置き換えダイエット」だと
カン違いしていることが一番の原因です。
体重が減っても通常の食生活に戻れば必ずリバウンドします。

 

解決策としては復食期を長めに取って
「まごわやさしい」食材で、肉類を控える事です。
また復食期は通常、断食する日数と同じ期間だけ必要だと
されていますが、今の日本人の食生活メニューに戻れば必ず太ります。

 

なので、1ヶ月に1回程度の週末プチ断食を継続的に行なって、
食生活と体質を改善されることを強くおすすめします。

 

何事も成功の秘訣は「続けること」ですね!

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加