ファスティングでアンチエイジング!若返りの訳はサーチュイン遺伝子

スポンサーリンク

アンチエイジングしたい!
ファスティングでサーチュイン遺伝子が活性化します。
近年の遺伝子工学の発達は目を見張るものがあります。

 

私たちがふだん、テレビのニュースを見ていても、
今や犯罪捜査にも「遺伝子鑑定」は欠かせないものとなっています。

 

さて、ファスティングと遺伝子の関係ですが、
人間は断食して飢餓状態になると、サーチュイン遺伝子
(Sir2)が活性化することが分かっています。

 

サーチュイン遺伝子とは別名、「長寿遺伝子」「長生き遺伝子」
「抗老化遺伝子」とも呼ばれています。
サーチュイン遺伝子が活性化すると、生物の寿命が延びるとされています。

スポンサーリンク

サーチュイン遺伝子活性化の効果とは?

 

その他にもサーチュイン遺伝子活性化の効果として
・しみやしわなどの防止効果
・認知症の予防効果
・脂肪を燃焼させるダイエット効果
・細胞を修復する効果
・活性酸素の除去効果
・難聴の予防効果
・動脈硬化の予防効果
・その他あらゆる老化要因を抑制する効果

 

・・・といった具合に病気だけでは無く、美容・ダイエットといった、
アンチエイジング効果があります。
しかし一見、良いことずくめのサーチュイン遺伝子ですが、
私たちが普段通りの生活をしていると活性化することは無く、眠ったままなのです。

 

ではどうすればサーチュイン遺伝子をONに出来るのでしょうか?

 

ファスティングも一つの方法ですが、永久に断食することは出来ないので
、一時的な活性化に終わってしまいます。
また、1日に必要な摂取カロリーの70%の生活を続ければ活性化しますが、
栄養失調になりますので、これを続けるのも不可能です。

 

たった1つだけ赤ワインなどに含まれる「レスベラトロール」という成分が、
サーチュイン遺伝子を活性化してくれる事が分っています。
なので健康サプリメントとして、人気を博しています。

 

ファスティングを習慣化すると、いつまでも若々しいあなたでいられますよ。

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加