ファスティングで癌が治る?腸内環境を改善し白血球を増やし免疫力↑

スポンサーリンク

ファスティングで“癌”が治る?
米国では癌治療にファスティングが取り入れられています!
ファスティングはフランスでは「メスのいらない手術」とも
言われているほどで、世界中のあらゆる病気の改善に役立つとされています。

 

特に癌患者の場合、癌細胞はブドウ糖を食べて増殖します。
癌患者が通常食を取ると、小腸大腸に負担がかかってしまい、
腐敗物が残り、免疫力が下がりますので再発率が高くなります。

 

また消化酵素の分泌が多いと「代謝酵素」が癌細胞を攻撃出来なくなります。
癌細胞は通常の細胞より30%から50%も、多くのブドウ糖を食べて増殖します。

 

ですからブドウ糖を摂り入れなければ、
癌細胞は「アポトーシス細胞」(自殺細胞)となって死滅します。

スポンサーリンク

ファスティングで癌が治る理由とは?

 

ファスティング中は食べ物を消化するために使われていた、
身体の膨大なエネルギーが、代謝をアップさせ自己免疫力と古い細胞組織を、
新しく活性化させるために使われるように変化します。

 

そのため、癌で弱くなっていた細胞組織から有害成分が除去され、
悪性の腫瘍やポリーブといった病的な細胞が正常に戻る訳です。
また腸内には体内免疫の80%が集中しています。

 

なので酵素ドリンクを飲むファスティングでプチ断食を繰り返し、
腸内環境を常に整えてあげることで、
白血球を増やして自己免疫力を上げていく事が大切なわけです。

 

癌なのだからしっかり食べて栄養を付ける。
という考え方は、もはや過去の遺物となりつつあります。
癌だからこそ正しい知識をもって、食べないファスティングが必要なのです!

 

しかし、癌治療はくれぐれも自己責任でお願いします!

スポンサーリンク

 

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加